メインビジュアル

ごあいさつ

体をケアする心と技を伝えたい

今症状が出ている病気を診るだけではなく、背景の健康状態や生活にも配慮して、あなたの家族にとっても良いと判断していただける治療を提案します。生活習慣病に対してはお薬だけでなく運動療法(リハビリ)や栄養療法を組み合わせた包括的管理が特徴です。特に草加八潮地域連携呼吸器研究会(SYRC-R:シルク・アール)で行っている「COPD地域連携パス」は、当院の看護師(アメリカ診療看護師学会(AANP)所属)がキーパーソンとなり患者さんの「呼吸良い(5941)」を実現するために従来のかかりつけ主治医、草加市立病院や獨協医科大学越谷病院と密接に連携し、患者さんだけでなく医療関係者にもご評価を頂いています。当院は睡眠時無呼吸(いびき)の診療に欠かせない精密検査機器(PSG)を地域で初めて常設しました。更に東京医科歯科大学臨床教授の経験を踏まえ、スタッフ自身が研鑽を積み自らを高めて「やりがい」を感じて仕事をする環境作りを心がけて、私達のキャッチフレーズ「地域は大きなホスピタル」の実現に向け、地域の医療・介護スタッフと連携を更に強めてまいります。

草加内科呼吸ケアクリニックよりごあいさつ

お知らせ

  • 2022.11.27
  • 発熱外来は新薬ゾコーバ及び従来の内服薬希望者を優先

 当院は新薬ゾコーバの特例承認に対応し、内服薬を希望する方を優先した発熱外来を運用します。診療は当日の朝8:30AMから完全電話予約制で受け付けます(例えかかりつけの方でも電話なしの受診はご遠慮頂いています)。
 当院は「新型コロナの治療薬を即日処方できる」ため、内服希望者の診療を優先し、その他の対象者(15歳以上)はコロナとインフルエンザ検査のみの簡略化した診療とします。
 内服対象者は、パキロビッドとラゲブリオは「65歳以上」の方(または「40」歳以上で厚生労働省の定めた下記の重症化リスクを複数有する方)で、ゾコーバは物理的制約から当面12歳以上で下記重症化リスクに1つでも該当する方に限らせて頂きます。いずれも下記の同意を頂けて、Web問診が入力できる方と、当院の次回予約があるかかりつけ患者さんをお受けします。
 重症化リスク因子:高血圧、糖尿病、脂質異常症、慢性呼吸器疾患、脳心血管疾患、慢性腎臓病、肥満(BMI30以上:BMIとは体重をメートル換算した身長で2回割った値)、悪性腫瘍、免疫低下状態(免疫調整薬も含む)、ワクチン2回接種を終えていない、年齢に関わらず妊婦
 治療薬:来院前に下記のHPに必ず目を通してください(リンクしてないのでコピペして確認:内服希望でも種々の制約で処方できない場合があります)。
 パキロビッド: https://bit.ly/3zKpd9G
 ラゲブリオ : https://bit.ly/3S7tcEu
 ゾコーバ(12歳以上65歳未満、妊娠の可能性がない方):https://bit.ly/3GPt5Kw
 簡略化した診療は15歳以上の発熱した方を対象とし、Web問診を完成し、処方は解熱鎮痛剤10回分(インフルエンザ陽性の場合は抗インフルエンザ薬)のみに同意した方に限定させて頂きます。
 全ての方の来院時は服用中の薬が全部わかるものを必ず持参して頂き、手元にある検査データや健診結果も含め、真っ先に受付時にご提出ください。お会計は現金のみで、自己負担3割で4000~5000円程度です。診療待機場所が屋外で長時間になるのでなるべく自家用車でご来院ください。お車以外で来院の方は、天候対策を厳重にお願いします。尚、来院指定時刻までWeb問診が完成してない場合は、大幅に診察開始が遅れます。ワンピースや繋ぎの洋服での受診はご遠慮ください。

  • 2022.03.31
  • 診療時間変更のお知らせ

4月より火曜日の午後の診療は15:00~17:30になります。予約外の受付は終了30分前に締め切ります。
ご理解とご協力を宜しくお願いします。

診療案内

医療機関名

草加内科呼吸ケアクリニック

診療科目

内科・呼吸器内科・循環器内科・
リハビリテーション科

診療時間表

診療終了30分前に受付終了させていただきます。
[休診日]日曜日・祝日・水曜日
毎週水曜日は訪問診療・訪問リハビリテーション(どちらも要契約)のみの診療となっています。

診療予約

全予約制(インターネット・携帯から可)、電話受付も可能
予約のない方はお待ち頂くことをご了承ください。

入院施設

個室2床

所在地

〒340-0043
埼玉県草加市草加1-4-5 >>地図を見る
駐車場あり、バリアフリー適合設計

連絡先

TEL.048-999-5941
(お予約 救急※ 呼吸良い)
※24時間救急対応は訪問診療をご契約した患者さんのみの対応です。

その他

各種保険・公費診療取り扱い。
初めての患者さんで、すでに治療されている方はお薬がわかるものか紹介状をなるべくご持参下さい。



アクセスカウンター